愛知県のスズキ正規ディーラーサイトです。

お知らせ(その他)

私ごと日記

2017.08.29

パンク修理キットの使い方 その②

日頃よりスズキアリーナ安城をご愛顧賜り誠にありがとうございます

 

セミ の鳴く声が小さくなった、そんな気がする今日この頃ですね (*^_^*)

 

それでもまだ暑くて夜もエアコンをフル稼働しています・・・。

お子さんの居るご家庭では「宿題」のラストスパート!!でしょうか。

はっ!僕と一緒にしてはいけませんでした(+_+)

 

 

今回は前回の続きです。

パンク修理キットの使い方 その②です。

前回はトランクルームにどんな工具などが収納されているかをご紹介しました。

今回は実際の手順です。

 

 

タイヤのパンク修理ですが、タイヤのどこに穴が空いても修理できるわけではないのです。

 

①

 

 

赤でラインが引いてある側面が傷ついたパンクの場合は修理できないのです。

また、2本以上のパンクがある場合も修理できません。

これらの場合はこれからご紹介する方法で修理ができません。

 

ではどうすればいいのか?

 

JAFや保険会社などのロードサービスでレッカー搬送をしてタイヤの交換となります (T_T)

 

道路と接地しているタイヤのゴム部分は厚くなっているのでこの部分の損傷は修理できる可能性があります。

 

 

手順① バルブコアを抜く

 

IMAG0061

 

 

緑丸印の部分から空気を出し入れするのですが、ここの中にある「バルブコア」という部品を外します。

 

⑧

 

赤丸印の黄色い部品を使ってバルブコアを外します。バルブコアは青丸印の部品と同じものです。

 

⑫

 

初めからタイヤに付いているバルブコアは赤丸印でゴールドです。修理キットに入っている予備のバルブコアは黄丸印のシルバーです。

 

 

こんな風になっているなんて知ってました?

 

いきなりここから接着剤を入れたらダメなんですね(+_+)

 

 

 

次回はまたこの続きをご案内していきますね。

 

お楽しみに~  (^_^)/

 

 

  • 0

posted by スズキアリーナ安城  | 2017年8月29日